HOME > ヘイワ原紙のあゆみ・理念
会社案内

代表メッセージ
あゆみ・理念
会社概要


ヘイワ原紙のあゆみ

1953年
山岡茂太郎(創業者)が 高知市朝倉でタイプ原紙の研究開発及び生産を開始
1955年
(有)孔版原紙研究所として法人化
ダイヤモンドスクリーン〔特許〕商品化
1965年
ネガタイプフィルム〔特許〕商品化
1970年
(有)ヘイワ原紙に社名変更
日高工場を増設
1983年
日高工場に製造及び営業の主力を移転
ペーパーファックス原紙〔実用新案〕の商品化
1985年
ワープロ原紙〔特許〕の商品化
1986年
科学技術振興功労者表彰 科学技術長官賞受賞
1987年
黄綬褒賞受賞
1990年
化粧品製造許可取得
1991年
ドライヤー型コーター新設、紙おしろい商品化
1992年
株式会社に組織変更
紙風船〔特許〕商品化
1993年
高知県地場産業賞受賞〔紙おしろい〕
横型コーター新設
1997年
四国地方発明表彰 特許庁長官奨励賞受賞〔紙風船〕
1998年
靴中敷〔特許出願中〕商品化
1999年
高知県地場産業受賞〔靴中敷〕
2005年
ISO9001:2000認証取得
2007年
高知地場産業大賞受賞〔研磨紙シリーズ〕






経営理念

1.わが社は、紙の用途開発と商品開発を通して、地場産業に貢献することを使命とします。
2.わが社は、絶えず新技術、新素材に挑戦し、顧客のニーズに高いレベルで答えます。
3.私たちは、協力して楽しく、生き甲斐ある職場作りに努め、お互いの生活向上を図ります。
4.私たちは、お互いに切磋琢磨し、心豊かな人間になるように努めます。


経 営 方 針

1.人間尊重の経営を目指します。
  @ 一人一人の人格を大切にし、能力の発揮と向上をサポートします。
  A お互いがお互いの人格を認め、共に育つ職場環境を作ります。
2.独自技術の集積を図ります。
  @ 積極的に新しい技術や素材に取り組みます。
  A わが社ならではのノウハウを活かし、紙の二次加工のオンリーワン企業を目指します。
3.ユーザーと共に繁栄します。
  @ 目先の利益より良い物を造ることに徹します。
  A ユーザーの声を大切にし、いかなるニーズにも対応します。
4.健全経営を図ります。
  @ 売上や利益の大小を追わず、小さくても強い体質の企業を目指します。
  A 立地にあったOEM生産を主体とし、
    技術力を高めてユーザーからニーズの集まってくる企業を目指します。
5.環境に配慮します。
  @ 資源を有効に使い、ゴミの減量に努めます。
  A 環境に負荷を与えないように排水、排ガス等に万全の注意を払います。

品 質 方 針

1.品質管理、衛生管理、原価管理に徹し、安心、安全の物造りに努め、
  品質マネジメントシステムの有効性の継続的改善を図ります。
2.品質管理は、整備された職場環境にあると心し、整理、整頓、清掃に心がけます。


宣言日平成17年5月1日取締役会長 山岡陸宏